活動紹介

研究部

会社法、金融商品取引法、上場規則などの株式実務に関する関係法令、規則等についての調査・研究をはじめとして、法改正や制度改正に対応するための各種 実務モデル、事務取扱指針などを作成することで、株式実務の確立・普及に努めています。
また、毎年の研究テーマを定めて、全株懇定時会員総会分科会提案書として取りまとめ、会員のほか関係諸機関に配布、会員の株式実務知識の習得と関係諸機関への法改正等の提言を行っています。そのほか、パブリックコメント募集に対する意見の取りまとめ、関係諸機関との意見交換・折衝を通じて、株式実務の円滑化を図ることなどを主な活動としています。
現在、研究部は研究第1部から第3部までの3部体制で活動していますが、制度改正が頻繁に実施される昨今の状況においては、適宜ワーキングチームを組成するなど、機動的な対応も行っています。

2016(平成28)年度

2015(平成27)年度

2014(平成26)年度

ページトップへ