東京株式懇話会

Tokyo Association of Shareholder Affairs(Tokyo Kabukon)

東京株式懇話会とは

会長挨拶

東京株式懇話会(東京株懇)は、1931年(昭和6年)の創立以来、株式に関連する法律や実務の調査・研究・会員会社相互の情報交換・交流を中心に活動しております。また、関係当局や諸団体等との積極的な交流を通じて、多数の会員の皆様に役立つサービスの提供など、常に株式実務担当者の支えとなる「株懇」を目指して取り組んでおります。
昨今、株式業務を取り巻く環境は、会社法改正をはじめ、上場会社のコーポレート・ガバナンスに関して様々な動きが生じるなど、歴史的な転換点にあるといえます。
東京株懇といたしましては、会員の皆様にとって一段と魅力のある「株懇」となるように、変化の激しい時代に対応した株式実務の確立・普及に貢献できるよう努めてまいる所存であります。
東京株懇ウェブサイトをご覧いただき、東京株懇に対するご理解を深めていただくとともに、今後とも東京株懇への一層のご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

東京株式懇話会 会長永池正孝

ページトップへ